トリニティ・テクノロジー株式会社

所在地 : 東京都
業種 : コンサルティング・その他
会社説明
現在日本は、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。高齢者が総人口に占める割合は、世界で最も高い28.7%となりました。 高齢化の進展に伴い、認知症患者数、並びに認知症患者が保有する金融資産も急増しています。高齢化が進む2030年度には、下記のような状態に至ることが予測されています。 ・認知症患者が最大830万人に増え、総人口の7%を占める ・認知症患者が保有する金融資産は今の1.5倍の215兆円、家計金融資産全体のおよそ1割を超える 認知症によって意思表示が難しくなると、銀行預金の引出し等ができなくなる(財産の凍結)ため、本人及びその家族の生活に大きな打撃を与えます。 また、認知症患者が保有する資産の規模はマクロ観点でも莫大なため、財産の凍結によりその流動性が棄損されることは日本経済全体にとっても大きなダメージとなります。 このような超高齢化・認知症患者の増加による財産の凍結という大きな社会課題を解決するために、当社は「家族信託」制度を用いた「スマート家族信託」というサービスの提供を開始しました。
事業内容
当社は、「法律 × 人 × テクノロジー で、安心のある世界をつくる」をミッションに掲げ、高齢者の財産管理を安心・便利に行う「スマート家族信託」を提供するフィンテック・リーガルテック企業です。 「家族信託」という法的制度を活用し、現在大変注目されている家族信託を全国的に普及させ、日本の社会問題と化している高齢者の財産凍結問題を解決するために「スマート家族信託」をローンチしました。 スマート家族信託とは、業界でもトップクラスの家族信託サポート実績を有するトリニティグループの運用経験をもとに、家族信託をより広く普及させるために開発されたサービスです。 スマート家族信託を用いることで、 ・デジタル化・アプリ化により家族信託のコスト・手間を大幅に削減 ・経験豊富な専門の司法書士のサポート ・信託組成後も継続的に安心サポート 以上のような、これまでの家族信託サービスでは果たせなかった価値をお客様に届けることが出来るようになりました。 現在トリニティ・テクノロジーでは、スマート家族信託の運営と、家族信託を普及させるための専門家コミュニティ「TRINIY LABO.」の2事業を主に行なっております。
設立
2020年10月
代表者
磨 和寛
従業員数
30人
本社所在地
1050004
東京都港区新橋2-1-1山口ビルディング5階
トリニティ・テクノロジー株式会社の掲載中求人
現在、公開中の求人はありません